読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【東京】ヒゲ脱毛による圧倒的メリットとは



■ヒゲ脱毛のメリットはこんなにある@東京



春や夏の薄着のファッションのシーズンが近くなると脱毛への関心が大きくなります。

女性のほとんどは肌の虜出で気になるワキや腕、脚などの産毛他脱毛対象となりますが、

さすがに「ヒゲの脱毛で悩んでいるのですが・・・」とエステの扉を叩く女性はいませんよね。

しかし、男性となると、ヒゲは切実な悩みにあっていることがあるのです。

このように、脱毛部位に関して男性と女性との決定的な違いと言えば、やはりヒゲでしょう。

男性のシンボルであり、世界ではヒゲを生やすことが一人前の男性という文化を持つ国がまだあります。

一昔前は日本でも立派なヒゲが男性の証という風潮もありました。

しかし、日本ではすっかりヒゲが薄い、さらに言えば女性に負けない程のツルスベ肌の男性の方が女性にウケが良い時代となりました。

そのため、年齢が若く、濃いヒゲを密かに悩む男性は、女性からの視線も気になるものです。

東京でなくとも、全国的に顎や鼻の下が青黒く見える程ヒゲが濃く生えている男性は、見た目だけでどうしても女性から敬遠される対象になっています。

テレビや雑誌を見ても、筋肉質の男性がワイルドでカッコいいと話題人っていても、実際にはヒゲの濃い男性をカッコいいと話題になることはほぼありません。

実は、男性にとってヒゲの濃さはある意味死活問題と言える大きな悩みとなっているのです。

男性にとっては深刻な悩みや問題となっているため、いっそのことヒゲ脱毛で、ヒゲに関する様々な悩みから解放されてた方がどれだけ楽かとヒゲ脱毛に踏み切る男性が増えてきたのも事実です。

しかし、ヒゲの濃さを悩んでいるにもかかわらず、男性だからまさか脱毛なんて考えられないと脱毛に踏み出せない人もいるでしょう。

特に、既婚者になると、公共エチケットとしてヒゲ脱毛をしたいのに、

今更ヒゲ脱毛なんて年甲斐もなく女性にモテてたいからでしょうと思わぬ疑いをもたれることもあるため、

結局はヒゲ脱毛自体を諦めている人もいるでしょう。

しかし、実は、濃いヒゲには本当のデメリットがあり、濃いヒゲで悩んでいる男性なら絶対に思い当たるはずです。/span>

ヒゲの薄い男性と比べると、ヒゲが濃い男性はどうしても毎朝のヒゲ剃りには当然時間がかかります。

ヒゲの薄い男性であれば、シェーバーをササッ軽く当てるだけで髭剃りも簡単に済ませられますが、濃いヒゲの男性の場合は下準備が必要です。

つまり、ヒゲが濃ければ濃いほど、簡単にヒゲを剃るわけにはいけません。

髭剃りの前準備として、肌を傷つけないようにヒゲと一緒に入念に蒸すひつようがあり、

シェービングクリームやローション、フォームを使用して剃るのは当たり前のヒゲ剃りの手順になります。

そのため、ヒゲ剃りにかかる時間も10分、長ければ20分程度を確保しなければなりません。忙しい朝の時間にこれだけの時間を確保するのは大変ですよね。

「身キレイになるんだからいいじゃない」という人もいますが、毎朝ヒゲ剃りの時間を確保し続けなくてはいけないのです。

1回に確保する時間だけを見るとさほど大変には感じませんが、毎日となるとその大変さはかなりのものです。

特に朝の時間帯は、あっという間に過ぎてしまうため、ほとんどの男性がヒゲを剃る時間がない方が嬉しいものですよね。

ただただ毎日ヒゲの濃さを目立たなくするために忙しい朝に10~20分をかけていると気付くと、「この時間さえ無ければもっと朝も楽になる」ということにも気が付きますよね。だからこそ、ヒゲ剃りにかかるムダな時間を省くためにも、ヒゲ脱毛がぜひオススメされるのでしょう。

さらに、ヒゲ脱毛のメリットとして時間短縮だけでなく、肌荒れを防ぐことができます。毎日のヒゲ剃りには慣れていても、ヒゲ剃り中にシェービング刃で肌を傷付けて出血をしている人もいるでしょう。。

シェービングでは、電気カミソリであってもT字型カミソリであっても刃が直接肌に当たることに変わりありません。そのため、肌が弱い人や過敏な人にとっては毎日のヒゲ剃りは、実はかなりの苦行になるのです。

つまり、東京に住んでいても、ヒゲ脱毛は肌への負担を劇的に軽減し、さらに健康的な肌に導くことができる方法なのです。ヒゲ脱毛は、単に見た目の肌感だけでなく、このように大きなメリットも含んでいることを認識しておきましょう。

■東京でヒゲ脱毛をお考えの方へ



ヒゲ脱毛をこれまでに検討したことがある人なら、ヒゲ脱毛のメリットを知ってしまうとヒゲ脱毛への一歩を踏み出そうと思ったかもしれません。ヒゲ脱毛を決心しても、次に悩むのは、東京でヒゲ脱毛の施術をどこのサロンやクリニックで受けるかということでしょう。

東京でヒゲ脱毛をする時にカウンセリングや相談に行く場所をサロンにするかクリニックするかは、永久脱毛か一時的に量を少なくするかなど脱毛レベルによって話は変わってきます。

東京に限らず、小規模のサロンやクリニックはヒゲ脱毛の経験が少なく、トラブルも発生しやすいため、サロンであってもクリニックであっても、全国展開している大手から検討することをオススメします。

簡単にヒゲ脱毛と言っても、やはり施術経験や実績がないサロンやクリニックへ通った場合、肌あれ不十分な脱毛効果になってしまうといった心配がどうしても拭えません。

しかし、規模が小さくても東京では評判が良い、高い実績や体験者がいるなどは問題ありませんが、やはり小規模サロンやクリニックはヒゲ脱毛の施術経験も少ないと考えたほうが良いでしょう。

そうなると、東京では一体どこのサロンやクリニックを選ぶべき迷いますが、そのような悩める男性のために、当サイトではヒゲ脱毛にオススメの東京のサロンやクリニックを紹介しています。

サロンとクリニックでの脱毛の基本的な違いも含めて、下記のホームページを比較、参考にしながら少しでもヒゲ脱毛について理解を深めてみましょう。

東京、または東京から気軽に通える範囲にあるオススメのサロンやクリニックを見つけたら、ぜひ直接問い合わせてみましょう。

■おすすめヒゲ脱毛サロン@東京




⇒詳細はこちら




⇒料金・プランを確認する




⇒料金・プランを確認する

■おすすめヒゲ脱毛クリニック@東京




⇒料金・プランを確認する




⇒料金・プランを確認する




⇒料金・プランを確認する


【おまけ:ヒゲ脱毛クリニックとサロンの違い@東京】



東京でヒゲ脱毛をしようと思い立ったものの、ヒゲ脱毛サロンとクリニックの違いが明確には分からない人も多いでしょう。

実はサロンよりクリニックの方が脱毛料金は数倍高くなることがほとんどですが、高額な料金にはちゃんとした理由があります。

その名前のとおり、クリニックは病院と同じ医療カテゴリーに分類されます。クリニックでは、医師や看護師など医療免許のある人が脱毛施術を行います。

一方、脱毛サロンは医師や看護師ではなく、エステティシャンと呼ばれる美容知識がある人が施術を行ないます。

またクリニックとサロンでは使用する脱毛マシーンも違い、クリニックではレーザー、サロンではフラッシュが使われています。脱毛マシーンにはレーザーとフラッシュがあり、の違いは出力で脱毛効果に差が出ます。

クリニックで使用されるレーザーは毛根を破壊し、ほぼ永久に近い形での脱毛を行うもので、一方、サロンで使用されるフラッシュもレーザーと同じ光照射原理なのですが、毛根の破壊する程の出力はありません。

ヒゲ脱毛のイメージとしては、毛根から毛を細くしていくようなものと考えてみましょう。

なぜクリニックとサロンでは効果に違う施術を行うかというと、レーザー照射は毛根を破壊するため医療行為です。言いかえれば、医療免許を持たないエステティシャンは施術の知識はあっても高出力のレーザーマシーンを扱うことはできないのです。

もしヒゲをしっかりと永久脱毛したいのならば、クリニックでレーザー治療を迷わず選択をしましょう。しかし、もし費用面や毛根を破壊するまでしなくても毛量を減らそうという考えならば、サロンでフラッシュを使うというのも良い選択でしょう。

当サイトで紹介したクリニックやサロンの公式ホームページをしっかりと比較をして、クリニックが良いかサロンが良いかを判断しましょう。

高額でも、しっかりと永久的にヒゲ脱毛を行いたい場合は、クリニックがオススメです。一方で、永久的な効果ではなく、少しヒゲが薄くなる程度で問題なければ脱毛料金が比較的安いサロンでのヒゲ脱毛でも効果は十分感じられるでしょう。

ぜひ脱毛効果や料金面をしっかり検討して、クリニックかサロンかを選ぶようにしましょう。